【簡単説明】パソコンをインターネットにつなげる方法|ネットを見るためには初めに何が必要?

こんにちは。
パソコンを買ったけれど、起動したらインターネットにつながっていません、と出てしまった。
どうしたらインターネットにつなげることができるのですか?
インターネットでホームページを見るにはどうしたらよいのですか?

今回はこんな質問にお答えします。

今回の記事はこんな人におすすめ
[wp-svg-icons icon=”book” wrap=”i”] インターネットのつなぎかたを知りたい。
[wp-svg-icons icon=”book” wrap=”i”] インターネットを見るために必要な知識や作業を知りたい。
[wp-svg-icons icon=”book” wrap=”i”] プロバイダとは何か知りたい。
この記事はパソコン初心者の人向けの情報なので、詳しく厳密な話や詳細はなるべく割愛しています。
スポンサーリンク

インターネットをつなげるために必要なこと

インターネットをつなぐ会社に申し込む

インターネットを見るためにはインターネットをつなぐ必要があります。

インターネットをつなぐとは
みなさんの家には電話はありますか?
電話はつながっていますか?
では、家の電話はどうして使えるのでしょうか。

電話は電話会社に契約してつなげてもらっています。
NTTとかKDDIとかですね。

ざっくり言うとそれと同じで、インターネット会社に契約して線をつながてもらうんですね。

インターネットをつなぐためにはインターネットをつなぐ専門の会社と契約する必要があります。

仕組みは以上となります。

では具体的にどうするのか流れを説明します。

インターネットをつなぐためには2種類の業者に契約

回線事業者

プロバイダ

インターネットには「回線事業者」と「プロバイダ」という個別の専門業者があります。
通常はこの2つに契約を申し込みます。

例えて言えば、電車の運行には線路が必要で、
「線路を敷いて管理してくれる会社」と
「電車を運行する会社」が
あるようなイメージですね。

回線事業者とは

インターネット回線事業者

回線事業者とは、インターネットの回線を提供する事業者のことです。

✔ 電柱から住宅の外壁に光ファイバー (線) を引き込む工事
✔ 装置の設置
などを行ってくれます。

NTT「フレッツ光」、KDDI「auひかり」、ケイ・オプティコム「eo光」など

回線事業者には、その回線を利用する固定費・レンタル料のようなものを支払います。

プロバイダとは

インターネットプロバイダ

プロバイダとは、回線を利用しインターネットにつなげる事業者のことです。

正式名称:「インターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provider)」

プロバイダは「ISP」ともいわれます。

プロバイダには、インターネットを利用するサービス料金を支払います。

@nifty光
ASAHIネット
BB.excite
BIGLOBE光
DTI光
hi-ho
OCN光
So-net光
WAKWAK
ぷらら

などがあります。

回線事業者とプロバイダ一体型サービス会社

インターネット回線プロバイダ一体型

回線事業者とプロバイダを一緒に契約できる会社もあります。

インターネットのあれこれが難しい人にはこれは便利!
だって1回の契約でなんでもかんでもやってくれますからね。
同じサービス会社なので、インターネットに関するサポートも聞きやすいですし、スムーズです。

 

So-netが提供している「NURO光 」
UQコミュニケーションズが提供する高速モバイルデータ通信サービス「WiMAX 2+」
ドコモ光
ソフトバンク光

ちなみに私はドコモ光を契約しています。

あとはインターネット会社にほとんどお任せしてしまえばOKです。
ほとんどの会社にはサポートセンターがついています。
わからないことは手取り足取り教えてくれます。

インターネットを見るために必要なことはここで終了。

タイトルとURLをコピーしました